人気ブログランキング |

第5。6。7体力増強と家庭菜園、第4回ゴルフと家庭菜園、第3回家直し 第2回退職回想 第1回地下室工事


by kmasao60

2005年 11月 26日 ( 3 )

e0082956_13232834.jpgステーキ池田、3女と満腹 松川縁、11月桜満開、富山で信じられない

昔、川奈に居た時、真冬の2月、兄が来て、川奈カントリー2ラウンド、熱海桜が満開だつた。
by kmasao60 | 2005-11-26 13:23 | 四季の変化 | Comments(0)
e0082956_13222284.jpg6年前オーナーが変わり、今は東京の不動産屋が経営
前のオーナーが10数年前、裏に大橋 巨泉にだまされたのか、1部屋1億円のマンションを作るが、競売で全部で1億円、オーナーは不明とか。
ステーキは美味しかつたが、サービス過多で従業員の視線を常に感じる食事で、何か落ちつかない。でも大好きニンニクをしっかり食べた。。

ステーキハウス 池田
東伊東にある「ステーキハウス 池田」で父とランチ。
道に迷って、いい具合にお腹が空いた時にお店についた。
ちょうどオープンの11時半頃。

いかにも「貧乏人お断り!」と張り出されてそうな品のいいたたずまい。
中に入ってすぐ左手の庭が見える席に案内された。
目の前で、シェフがステーキを焼いてくれる。

父は昔仕事がらみでよく食べにきてたそうだ。
その時は、お客にタケシ軍団がいたり、大橋巨泉がいたりしたらしい。

私の生活ではとっても贅沢なランチセットを食べながら、今のオーナーは父がお店に良く来ていた頃と違う人になった。
お店の後ろにあるマンションの地価の話などを聞いた。
バブルがはじける前って本当お金が溢れる様に動いたんだね。

朝からいっぱいご飯を食べていたせいか、お肉を少し残してお腹いっぱい。
くやしい。
肉が大好きなので、せっかくのお肉を食べ残すなんて。
でも、食べた分も戻したらもっと悲しいので、我慢する。
代わりに父がぺろり。

父はどうやらサービス過剰で落ち着かなかったらしいが、あたしには普段行かない品の良さは面白かった。

ああ、また食べたい。

その後、父と二人、隣駅の伊東まで歩き、そこで別れた。
贅沢な休日に感謝♪ # by sanjo_k | 2005-11-26 00:00 | 味わった | Trackback | Comments
by kmasao60 | 2005-11-26 13:22 | 有難う | Comments(0)

ラツキーか????

e0082956_9244983.jpgシーサイドS ラブラドール、ラツキーそっくり、実は、バニラ
長女に見せると、泣きだすので、ブログに出したくないけど。。。

アゴを支えてるのはサツマイモでなく、親指です。
富山から運んだサツマイモ、里芋、料理、最高でした。


伊東の宇佐美で知らない父と出会うby sanjo_k
父が、昔単身赴任をしていた時に暮らしていた伊東に、その時の仲間が集まるというので行くという。
美味しいお食事どころと温泉を餌にくっついていった。

仕事の後に待ち合わせをしてから、伊東に向かったので宇佐美についた頃にはすでに夜9時前。
向かってる途中にわくわくしてる父がいる。

海岸沿いを歩いてしばらくすると、黄色の屋根のシーサイドSと書かれた看板のある喫茶店があった。
普通に場所柄、温泉旅館を想像していた私は、実は相当びっくりしていたのだけど、父は喫茶店のドアを開けると、お店のカウンターの中にいる女性とカウンターに座ってる女性にうれしそうに声をかける。

うちの父は、結構、人に対して無礼な発言を無自覚に言ってしまう人なのだが、この時も久しぶりに会えたうれしさのあまり、出てくる出てくる失礼極まりない遠慮のない言葉の数々。
でも、それらを笑顔でするりとかわしてしまう人たち。
昔のように「所長、所長」と呼ばれている父は本当にうれしそうだった。
その女性たちは、初めてあったはずの私の名前も姉妹の名前もしっかり憶えていて、
そして、今年の正月死んでしまったラッキー(犬)の事も知っていた。

ここは父の仕事盛りの40代の頃を10年ほど過ごした場所なんだ。
しかも単身赴任をしていた父は、ラッキーをここで飼っていて
家に帰っても家族はいないから、きっと仕事の仲間たちとここのお店みたいに
いろんな所に顔を出して、色々悪態ついて、色々自慢して、酔っ払ってって
してきたんだろうな。

私の知らない小さいラッキーを知っている人たち。
私の知らない父の時間を一緒に過ごした人たち。
そして、父の口から語られる私を知ってる人たち。

興味があるけれど、ちょっと恥ずかしくなってしまって、
結局質問できず、ラッキーによく似たバニラを撫でていた。 # by sanjo
by kmasao60 | 2005-11-26 09:24 | 有難う | Comments(0)